歯周病治療

歯周病の進行

[進行度1] 初期の歯周病

[進行度1] 歯ぐきがはれて出血する
歯肉が炎症を起こすと赤く腫れ上がり、歯を磨いたりリンゴなどをかじったりすると出血します。

[進行度2] 軽度の歯周病

[進行度2] 口臭を感じるようになる
歯肉と歯の間のすき間が広くなり、そこから出血したり膿が出たりして口臭を感じる場合があります。

[進行度3] 中度の歯周病

[進行度3] 歯がぐらつく
炎症が慢性化し、歯根膜、歯槽骨が先端部より溶けてきます。口臭もあり歯が浮いた感じがします。

[進行度4] 重度の歯周病

[進行度4] 硬いものが食べられなくなる
歯根を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまいます。歯根が露出し、歯のぐらつきがひどくなります。

治療に関するお問合せはこちら