インプラント治療

インプラント治療の流れ

STEP1 CTによる撮影

CT撮影(断層撮影)はからだを輪切りの状態で撮影、見ることが出来るようにする装置です。
断層画像からは顎の骨の状態、深さ、厚さ、位置などを正確に確認することが出来ます。

STEP2 インプラント治療計画システムによる診断

インプラント治療を適切に行うためには、顎の骨の状態を詳しく調べることが必要です。
当院では、CT検査で顎の骨の断面画像を撮影し、より安全で正確なインプラント治療を行うため、治療計画を立てます。

STEP3 カウンセリング 治療計画の説明

診断結果をもとに、コンピュータを使って画面を見ながら一人一人の治療方法やそのためにかかる費用を説明します。
治療に関しては、患者さんにも現在の状態や治療計画をよく理解していただき、治療を進めて行きますので、疑問・質問等は何でもお聞きください。

STEP4 インプラント埋入手術

インプラントオペは麻酔をしますので、痛みはほとんどありません。
麻酔が切れた後に軽い痛みを感じることはあるのですが、痛みどめを服用するほどでもない 場合がほとんどです。
術後2~3日間、多少腫れることはありますが、次第におさまりますので、仕事や学校を休む必要はありません。


STEP5 メンテナンス

定期的なメンテナンスで歯垢、プラークを落とし、口腔内を清潔に保つことが、重要です。
一般的には、3ヶ月に1回程度の間隔でメンテナンスを行います。
メンテナンスはクリーニングですので、痛みはありません。

治療に関するお問合せはこちら