審美治療

ラミネートべニアについて

もともと歯の色が黒っぽい場合や、神経治療をしたことによって、変色 してしまった歯の場合、ホワイトニングをしても、効果がでない場合が あります。
そのような場合には、薄いセラミックスを貼り付け歯の表面を白くするラミネートべニアという方法があります。

ラミネートベニアは、セラミッククラウンのように歯を大きく削る必要が無く、歯の表面を0.5ミリくらい削りその上に薄いセラミックを付け爪のように張り付けてしまう方法ですので自分の歯を保つことができます。

治療に関するお問合せはこちら