審美治療

セレック治療について

コンピューター制御によって歯の修復物を設計・制作するCAD/CAMシステム

高品質な白い歯を安価でスピーディーに提供!
最先端の3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)し、患部の歯列をモニター上に再現します。
その後、コンピュータの3D画面上にて修復物を設計し、ミリングマシンがデータをもとに作製します。

歯科医院で修復物を作製できるので、一般的な修復物よりも経済的です。
また、規格生産された高品質なセラミックブロックを使用するため耐久性が高く、治療時間も約1時間と非常にスピーディーです。

セレック治療の流れ

STEP1 口腔内のチェック

セレック治療に入る前に、口腔内をチェックしむし歯や歯周病がある場合には、しっかり治療してからの治療に入ります。
※写真は金属の詰め物からセラミックの詰め物に替えた場合の治療例になります。
口腔内をチェックします
金属の詰め物を取り除きます
虫歯等があればしっかり治療します

STEP2 3Dカメラで口腔内を撮影します

従来の型取りをする際の不快感を味わうことなく、先進の3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)するだけの数秒の作業で患部の歯列がモニター上に再現されます。
※症例により型取りが必要な場合もあります。

STEP3 コンピューターの3D画面上で修復物を設計します

モニター上であらゆる角度から、咬み合う部分の盛り上がりや形を微調整し理想的な形にしていきます。

設計後、ご用意してあるさまざまな色のセラミックブロックから、最も適した色のブロックを選びます。

STEP4 ミリングマシンが設計データをもとに加工します

ミリングマシンと呼ばれる機械が、コンピュータで設計されたデータをもとにセラミックブロックを削り出し、修復物を精密に整えていきます。
セラミックブロックをセット
設計したデータを元に削ります
削り出し完成

STEP5 口腔内へセットします

10年間で90%以上の残存率を実現する先進的な接着技術を用いて、削り出されたセラミック歯を口腔内へセットします。

セラミックの詰め物にすることで、見た目が白く自然になる他、金属の詰め物に比べ、歯との相性が良く接着力が強いので、詰め物の隙間から起こる、治療した箇所が再度むし歯になってしまうような、2次カリエスを防止することができます。

STEP6 セット後の確認

装着後、かみ合わせや実際に違和感はないかを確認します。

何かありましたら遠慮なくご相談ください。
これで全ての治療が終了となります。

セレック治療のよくある質問

歯がどんな症状でも治療は可能ですか?

一般的な詰め物・被せ物といった治療はもちろんの事、前歯に貼りつけるラミネートべニア治療も可能です。歯を削る量を抑えて審美的な仕上がりを得られます。むし歯の大きさや咬みあわせの関係など、お口の中の状態により適切な治療法を検討します。

なぜセラミックが良いのですか?

レジン(プラスチック素材)による修復治療と比べて、着色や変色、摩耗といった心配がありません。金属修復治療に比べてもプラークがつきにくく、金属アレ ルギーの心配もありません。また、当システムで使用するセラミックは、工場で規格生産していますので、気泡などが混入することもなく、全世界共通で常に品 質が安定しています。天然歯に最も近い素材として、世界中のドクターから評価されています。

本当に通院1日・1時間治療が可能ですか?

むし歯の大きさ・歯茎・神経などの症状により、他の治療を優先して行う必要がある場合には、当日の治療が行えない事があります。また、治療が複雑で複数にわたる場合や、特殊な色付け加工が必要な場合には、1時間以内での治療ができない事もあります。

治療に関するお問合せはこちら